MoneyForwardMe

【使い方ガイドvol1】基本の使い方3ステップ(マネーフォワード ME)

本メールは、「サービスに関するお知らせ」を「受け取る」に設定されている方にお送りしております。


この度は「マネーフォワード ME」にご登録いただきまして、ありがとうございます。

本日より「マネーフォワード ME」を使いこなすための「使い方ガイド」を5日間にわたりお届けします!

第1回の「使い方ガイドvol1」は、これだけ抑えておけば大丈夫!という「基本の3ステップ」のご紹介と、口座情報の「更新」についてご案内いたします。


基本ステップ1 口座やサービスを「連携」しよう!

「連携する」とは、銀行やクレジットカードなどの明細情報を、マネーフォワード MEに自動で反映できるようにすることです。

連携できる口座やサービスは、銀行・クレジットカード・電子マネー・証券・通販サイトなど、約2600に及びます。

まずはふだん利用している銀行口座やクレジットカードを連携しましょう。

連携方法は本メール下部をご覧ください。


基本ステップ2 明細を確認しよう!

連携先の新着利用明細が反映されると、「入出金」画面で確認ができます。 明細の文言からカテゴリが自動で分類されています。「未分類」の明細がある場合は、正しいカテゴリに変更しましょう。

反映されている入出金履歴をタップするとことで、編集画面が開きます。 いちど修正すると、2回目以降は指定したカテゴリに自動で分類されます。


基本ステップ3 あなたのお金を見てみよう!

「家計簿」を確認する

「家計簿」画面で支出を振り返ってみましょう。利用明細をもとに、自動で家計簿が作成されます。

「口座」を確認する

「口座」画面で銀行口座の残高や、クレジットカードの今月の利用額を確認してみましょう。 「口座」画面では、連携した全ての口座やサービスをひとつの画面で確認することができるので、お金の管理がとても便利になります。


連携した口座の 「更新」はいつされるの?

「マネーフォワード ME」に口座やサービスを連携した後、次にアプリを開いたときに「最新の状態になっているかな?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

ログイン状況に応じて一定の期間で自動更新を行なっています。

お客さまの確認タイミングによって最新の明細や残高が反映されていない場合は、お客さま自身で手動更新※することができます。

また、プレミアムサービスをご利用の場合、自動更新の頻度が上がります。

※ 手動更新できない連携先が一部ございます

手動で更新する方法

各サービスや口座をタップすると、iOS版アプリの場合は、画面下部に表示される「メニュー」より、Andoroid版アプリをご利用の方は、右上設定マークより最終取得日が確認できます。

最終取得日から数日たっている場合は、新しい明細を取得できる可能性があるので、更新ボタンより更新を行なってください。

【更新方法】 iOS版アプリ:口座 > 該当のサービス > 左下のボタンをタップ Andoroid版アプリ:口座 > 該当のサービス > 右上のボタンをタップ 【最終更新日の確認方法】 iOS版アプリ:口座 > 該当のサービス > 下部メニューをタップ Android版アプリ:口座 > 該当のサービス > 右上設定ボタンをタップ

また、プレミアムサービスでご利用されていると、一括更新ボタン※で、まとめて更新することもできます。 ※ 一括更新の対象外となる連携先が一部ございます

【一括更新ボタン】 iOS版アプリ:ホーム・口座画面左上 Android版アプリ:ホーム・口座画面右上

【金融機関・サービスの連携方法】

iOS口座 > 右上「追加」 > カテゴリをタップ > 金融機関・サービスをタップ Android口座 > 右下チェーンマーク > カテゴリをタップ > 金融機関・サービスをタップ Web口座 > 金融機関追加 > カテゴリをクリック > 金融機関・サービスをクリック

マネーフォワード MEを開く

公式twitterアカウントで \ 使い方や最新情報を発信中!/

→フォローする


ご不明点はお気軽に お問い合わせください

操作方法やご利用方法について、ご不明点などございましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。